>

有馬記念はいかがでしたか?これがサトノのアシスト?

央競馬の今年の締めくくり有馬記念はどんな想いでご覧になっていました?

3歳馬のサトノダイヤモンドが最後の追い込みでキタサンブラックとゴールドアクターを抑えての快勝!!
まあ、馬券的には、2番人気、1番人気、3番人気の決着でしたが、かなり、見ごたえがあるレースだったかと思います。

レースを振り返ってみますと・・・・・

展開としては、結構スローでしたねえ!?
出走メンバーから絶対に逃げたいマルターズアポジーとサトノダイヤモンドをアシストするために出走したサトノノブレスがキタサンブラックをつついてハイペースになるかと思っていましたが・・・・・
蓋を開けてみると、マルターズアポジーが単騎逃げで、サトノノブレスは2番手のキタサングラックをつつくことができずに単騎逃げのマルターズアポジーを無視したキタサングラックのスローペースで完全に後ろを封じた感じで進んでいったかと思います。
そこで、中団に待機していたサトノダイヤモンドのルメール騎手は、3コーナーでの、早めの仕掛けでの勝利でしたねえ。

いあや、あそこで我慢していたら、前で決まっていましたねえ。

ルメール騎手の好判断でしたねえ!?

また、キタサンブラックの武豊騎手のレース後に「3コーナー(最終)でサトノノブレスにつつかれたのは痛かった」っと言うコメントを残しています。
私の目には、サトノノブレスがサトノダイヤモンドをどこでアシストしたの?

っていう思いでしたが、、、、
なんども、レース映像を見直してみましたら、

サトノダイヤモンドが抜け出す際、

サトノノブレスがキタサンブラックに追いすがることができていませんが、

サトノダイヤモンドのスペースを開ける前に

キタサンブラックをつついたのかな?って感じです。

いあや、見た目には微妙です。
これが勝敗を決したかと思うと騎手は極限状態で戦っているか!!!って思わずにはいられません。
来年からは、こんなことも注意してレースを見なければ・・・・。

いやあ、競馬は面白いです。

コメントを残す

サブコンテンツ