>

なんとも遺恨の残るマイルCSになったのでは!?

昨日のマイルCSはいかがでしたでしょうか?

なんとも嫌な感じでの終わり方でしたねえ。

あれで、降着なしなんですねえ。

まあ、浜中騎手はこの時期には辛い8日間のきついペナルティーを受けていますが・・・・。

今回のマイルCSのレースを振り返って見ますと・・・。

ミッキーアイルが予想通りに逃げて、どの馬も追いかけずに、ミッキーアイルのペースでスローの団子状態でレースが進んで行きました。

(私はミドルからハイペースになることをベースに予想していましたので、この時点で予想は外れました。涙)

最後の直線では粘りに粘ったミッキーアイルが最後に力尽きそうになったところに、左ムチを入れたので右に大きく斜行してしまい、あわや大惨事っとなるところでした。

本来なら右ムチをいらたかったのでしょうが、ぴったり右横に馬がいましたので、左ムチになったようです。
武豊騎手騎乗のディサイファは、人気薄にも関わらず道中完璧な騎乗でもしや突き抜けて勝つのでは!!って感じに余力が残っていただけに馬がビックリして立ち上がりそうになるほどの不利は残念でした。

ただ、なんどもレース映像を見直していますが、これだけの状態で落馬しないのは、「さすが武豊」としか言いようがありません。

あと、不思議なことは、この騒動とは関係なく最内を走っていたロードクエスト騎乗の池添騎手はこのレースで負傷して最終レースは乗り替りになっていました。

まあ、私は本命にあげたガリバルディは、スローペースで後方から懸命に上がり最速で追いかけていました。

絶対的なマイル王のモーリスが今年で引退ということで、次のマイル王候補になる馬が出てくるのかと思っていましたが、今回は、後方グループが全滅の前残りで展開で、しかも、こんな遺恨の残るレースだったので、モーリスの次のマイル王を決めるのは次のレースに持ち越しですねえ。

 

まあ、けが人が出ずによかったっと思います。

騎手はほんとに命懸けなんですねえ。

私たちは、このことを忘れずに、これからも競馬観戦して行かなければいけませんねえ。

コメントを残す

サブコンテンツ